日ハムの新球場⚾「北海道ボールパークFビレッジ」・・・

プロ野球日本ハムファイターズの本拠地だった札幌ドームから北海道北広島市の新球場「北海道ボールパークFビレッジ」に移ることになりました。

日本ハム球団としては札幌ドームの使用料の問題などでで新球場に移る決断をしたわけですが、その新球場の設計に問題?があることが判明しました。

 

それは、NPB日本野球機構)の「公認野球規則」では本塁からバックネット側にあるフェンスなどの距離は60フィート(18メートル)が必要と規定されていますが、日本ハムの新球場は15メートルと約3メートル足りないということです。

 

日本ハムは客席とグラウンドの距離が近く、観客がメジャーリーグのように臨場感を満喫できることをPRポイントとして発表していました。

 

そもそも日本の「公認野球規則」は米国の「オフィシャル・ベースボール・ルール」を参考に作られており、どうやら両国の野球規定を巡る解釈の違いがこの問題を生じさせてしまったようです。

確かに米国の「オフィシャル・ベースボール・ルール」でも本塁からバックネット側のフェンスまでの距離は60フィート以上との記載があるものの、この項目に関しては「絶対厳守」ではなく「推奨される」「望ましい」とのニュアンスないのです。


実際にアメリカの球場でもホームベースからバックネットまでの距離が42フィート(約13メートル)しかなく、60フィートに満たないMLB球団の本拠地球場は数多くあるようです。


たとえ経緯はどうあれ、これを機に「公認野球規則」の解釈を明確にするなり、必要ならば規約を改正し「斬新な新球場なんだし、たかが3メートルほどなら認めてもいいという気がします。

 

アメリカの野球場は「スタジアム」ではなくボールパークと呼びます。

パークですからさまざまな「お楽しみ」があります。

球場内にプールや子どもが遊べる砂場があったり、スタンドが蒸気船の形をしていたり、また、野球の試合がない日には、球場横で散歩やピクニックができる市民の憩いの場所に変身します。
格安のオペラコンサートなどが行われる場合もあるそうです。

 

観客席には日本のようなネットのフェンスがありません。

これはお客がボールの行方を見ていないといつボールが飛び込んでくるのかがわからないので真剣に見ることにつながります。

北海道ボールパークはネットはあると思いますが、ホームベースと観客の距離を近くにして臨場感をもってもらうようにしたので、他球場が野球規則に従っているので日ハムもそうして欲しいではなく、新しい取り組みとしてとらえてほしいと思います。

 

そしてこの騒動の結果は、暫定措置で改修をするということを前提で来シーズンはこのままでいくことに落ち着いたようですが、野球もボールパークなのでもっとエンターテイメントを演出したらいいと思います。