猛暑🌞と節電🔌とコロナ感染😷・・・

これは書いておかなければならないと思います。

それは

  • 猛暑と22年ぶりの梅雨明け
  • 節電
  • 新型コロナ感染とマスク

今月の24日から続いている猛暑、梅雨にもかかわらず、連続33度を超える猛暑、さすがに気象庁も梅雨明け宣言をせざるをえなくなったのでしょう。

 

6月は梅雨でジメジメして嫌な時期というのがイメージですが、今年は違いました。

今年に入ってからいろいろなことが起きていますが、この暑さには閉口しています。

まだまだ続きそうです。梅雨明け1週間は天気は安定し暑さが続く昔からといってきました。

 

これからこの暑さで7月、8月と9月の残暑と相当長い夏になると思います。

高齢者にとってはきつい今年の夏になります。

 

猛暑で電気が不足気味です。

「エアコンを効率よく使いながら出来るだけの節電をお願いします」と

毎日のようにテレビで節電のお願いです。

相当細かいところまで具体的に節電の方法を説明していますが、電気使うのはエアコンと冷蔵庫で6割です。

昨日テレビを見ていたらエアコンのサブスク(定額)を栃木県の鹿沼市が採用、月1900円で使い放題、設置業者が高齢者宅でエアコンを取り付け、設置後その高齢者が嬉しそうにきょうからエアコンつけっぱなしです。と

思わず笑ってしまいました。

 

エネルギー政策は政府にとって大事なはずなのに、そんなこと前から分かっていたのでしょうという今更感があります。

 

相変わらず毎日毎日、新型コロナ感染のニュースをやっていますが、ここのとこ感染が少しずつ増えてるような気がします。

そして、この猛暑でさすがにマスクを外す人がふえてきて、街の様子が変わってきています。

 

猛暑と節電とコロナ感染、この3つが一緒になった22年の夏、後で振り返ると、そんなことがあったんだと言うことになりますが、長く生きているといろんなことをに遭遇します。

こんな経験もできたと思うしかない毎日です。

70~80代の間違った健康志向とは?

いま、和田秀樹精神科医が書いた「80歳の壁」と「70代でも死ぬ人、80代でも元気な人」を読んでいます。

この壁を超えたら人生で一番幸せな20年が待っています!と

 

その本にはこんなことが書いてあります。

  • 参照その1

日本人の平均寿命が初めて50歳を超えたのは1947年(昭和22年)でした。

その頃の男女の平均寿命の差は3歳ほどでしたが、今ではそれが6歳に広がりました。

女性の平均寿命が伸びたのに男性は伸びなかった。

原因の1つに日本人の健康診断信仰があると思っています。

定期の健康診断の多くは会社で実施されていました。

一昔前までは男性が圧倒的に多いと言う状況でした。

検診が長生きに寄与するなら男女の寿命は逆転しても良かったはずなのに、むしろ差が広がってしまいました。

つまり検診が意味をなしていないと言うことです。

 

  • 参照その2

病院に行かなくなったら死者数が少なくなったと言う事実があります。

それは

2020年(令和2年) は新型コロナウィルスの影響で病院に行く人が大幅に減りました。

コロナに感染したくないと少し位の不調は我慢した結果です。

特に高齢者にはその傾向が見られました。

その結果意外な現象が起きました。

日本人の死亡者数が減ったのです。

つまり病院に行かない方が死なないと言う皮肉なことが起きました。

 

ここまで読んで、ますます次を読んでみたくなりませんか?

 

ちょうど猛暑で外には出たくない気分なので、この2冊の本を読んで、今まで常識としていた、あるいは間違った健康志向が明らかになるのではと思っています。

 

猛暑🌞、もう梅雨明け???

もう梅雨明け???

危険な暑さになっています。
予報にですと、関東地方は少なくとも1週間(7月1日まで)は猛暑が続いて連日34度前後になっています。


一昨日から気温が上がり夏日を通り越して猛暑日に近い日でした。

北海道の実家では暖房を入れているとか、日本は南北に長いのでそんなこともあります。

 

週末はさらに気温が上がり、内陸部では猛暑日が予想されます。

来週にかけても梅雨明けを思わせるような厳しい暑さが続く見込みです。

そんな中、HNKの天気予報で

「水分の補給とエアコンを上手につかって、屋外では会話の少ない場合はマスクを外してください」と言っていたが、こんな暑さの中でなんでマスクの話が出てくるのかわかりません。

だれも、この猛暑になかではマスクはつけないし、だいたい外出しません。

でも、この猛暑の中テレビを見ているとマスクしている人たくさんいます。

アンビリーバブル!です。

皆どうかしています、狂っています。

 

しかし、6月でこんな猛暑、記憶にないですね

 

土日は保育園の給食ないけど来週の厨房は大変なことになりそう。

いつかこども園の厨房で室温上がり過ぎて警報が鳴ったことがありました。

いずれにしても、しばらくはおとなしく外出は控えてAmazonプライムでも楽しむしかありません。

 

ネットを使った選挙運動がいまいちです・・・

参議院議員選挙の告示があり、気のせいでしょうかTwitterの投稿数が減ったような気がします。

 

選挙期間はTwitterとかYouTubeでの選挙運動ができませんでしたが、法律が変わって2013年からそれができるようになりました。

 

ネット選挙とは「インターネットを使った選挙運動」ができることです。
ウェブサイト等を用いた選挙運動は

等で出来ます。

ネット選挙といってもまだ「ネット投票」はできません。

Twitterを毎日みていますが、選挙以外は結構辛辣なことを投稿していますが、選挙に関しては相当慎重になっている気がします。

止むを得ないと思います。

変な投稿をするものならすぐ「炎上」につながっていき候補者にとってはマイナスになりますのでより慎重にならざるを得ないのでしょう。

 

TwitterとかYouTube若い人たちが見ますし、その媒体で選挙活動をするのは有効ではないかと思います。

でも9年前からこれができるようになったのに若い人たち投票率は一向に上がりません。

やはりネット投票が解禁にならなければ投票率は上がりませんかね

 

暑い日が続きますが、早めに「期日前投票」に行くことにします。

 

「節電ポイント」🔌ポイントはずれです・・・

また政府が変なこと始めようとしています。

この夏の電力供給不足に対し、節電要請をするため「節電ポイント」を導入するというのです。

6月21日、一般家庭の節電に応じてポイントを付与する仕組みを作ると、岸田総理が発表しました。

内容は

東京電力では7月1日~9月30日までの3ヶ月間、節電量1kWhあたり5ポイントが付与されます。

ポイントは、Tポイントやdポイントなどに交換できます。

というのですが

早速ツイッターでは

  • 「月数十円のポイントをあげるので節電してください」って言われても、たぶん皆「それじゃあ数十円払って快適に過ごしますね」といってエアコン付け出すので意味ないですよね
  • 岸田政権やばいね 月数十円の還元のシステムを作るのにいくら税金投入するんだろ…?もうほんとやだ

あまりのショボさに驚いた人も多く、「月数十円」は一時、Twitterのトレンド入りしたほどです。

 

「エアコンつけるな、暑さに耐えろ」といって、数十円の見返りしかないのでは、節電に協力する気も失せてしまいますよね

 

こんな月数十円のために、システム構築に無駄な税金を使うのはどうかと思います。

コロナ禍のときCOCOAというアプリがありましたけど、あれは役に立ちましたでしょうか?

ほんとうに凝りない面々ですよね

やっている感だけのパフォーマンスはもういらないです。

そんなことに税金を使うのでしたら現金給付してください。

マイナンバーカードに「公金受け取り口座」を登録したのですから・・・

 

まあ、このポイントはずれの「節電ポイント」はボツになると思います。

 

最後にこんなコメントも

数十円のポイントのために熱中症!!そんなニュースだけは見たくありません。

 

 

 

「フレイル」とは?要介護の一歩手前・・・

最近「フレイル」という言葉聞きませんか?

フレイルとは、もともと「か弱さ」や「こわれやすさ」を意味する言葉です。

こわれやすいものは大切に扱う必要があり、通常の対応とは区別しなければなりません。

フレイル高齢者とは「こわれやすい高齢者」、すなわち健康寿命を失いやすい高齢者で、健康を保つための配慮が今まで以上に必要な人たちのことです。

 

フレイルとは、健常から要介護へ移行する中間の段階と言われています。

具体的には、加齢に伴い筋力が衰え、疲れやすくなり家に閉じこもりがちになるなど、年齢を重ねたことで生じやすい衰え全般を指しています。

 

そして、新型コロナウィルス感染もフレイルに一役かっています、高齢者においては感染の危険性だけではなく、家に閉じこもることによる健康への悪影響が懸念されています。

なかでも、動かないことで、フレイル(虚弱)が進みます。

たとえば、高齢者が2週間の寝たきりになると、失う筋肉量は、加齢による7年間で失う量に匹敵するといわれています。

 

フレイルの予防としては

  • 体を動かす(ウオーキング一日7000~8000歩)
  • 人と話をする(サークル活動、飲み会など)
  • 嫌なことがあっても明日はいいことがあると考える
  • 義理をかくことをいとわない
  • 好きな人、気の合う人だけと付き合う(嫌いな人とは変な義理立てをしないで疎遠になる)

自戒を込めて書いてみました。

 

 

 

高齢者が元気で過ごすには我慢をやめることが大切・・・

「80歳を超えて元気で過ごすには、“我慢をやめる”ことが大切です」。

そう指摘するのは、高齢者専門の精神科医和田秀樹氏です。これまで6000人以上を診察し、近著「80歳の壁」や「老いが怖くなくなる本」が話題となっています。

 

内閣府の「平成29年度版高齢社会白書」によると、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症を患うと予測されるということでs。

 

ただ、和田氏は「認知症を怖がり過ぎることをやめたい」と語っています。

「私は年間100体ほどの遺体の解剖結果を見てきた時期がありましたが、85歳を過ぎた人の全員の脳にアルツハイマー型の変性が見られます。

 

つまり、認知症は「老化現象」ととらえられる一面があり、歳を重ねると誰にでも起こる症状なのです。

過度に怖がるのではなく、認知症になることを前提にして、発症をなるべく遅らせることです。

「運転免許の返納しなくていい」といっています。

運転をやめた人は続けた人と比べて、認知症などで要介護認定を受けるリスクが2倍以上に高いといいます。

高齢者の運転免許返納が推奨されていますが、運転をやめて外出の機会が減り、人や社会との交流が少なくなるほうが健康へのリスクも大きい。

 

「眠れないなら無理に寝なくてもいい」

睡眠障害の治療のために睡眠導入剤を服用する人が少なくありませんが、薬による転倒や認知機能障害といった副作用のリスクのほうが怖い。

高齢になるほど運動量が減るので疲労が少なく、睡眠時間は減ります。

昼寝をするなど眠くなったら眠ればいいのです。

 

80歳を超えたら老いや体の不調を受け入れて、新しいことや、やってみたいことに、どんどんチャレンジして、頭と体を使い続けることが認知症予防にもなるといいます。

 

何歳になっても元気でいるために、「やめるべきこと」は・・・

  • 健康診断は受けなくていい
  • 肉は我慢しなくていい
  • 血糖値を下げなくていい
  • がんと闘わなくていい
  • お酒は我慢しなくていい
  • 必要以上の薬は飲まなくていい
  • いやな医者とは付き合わなくていい
  • 認知症は怖がらなくていい
  • 無理に友達付き合いしなくていい
  • テレビを見るのをやめる
  • 風呂にゆっくりつかるのをやめる
  • 無理に運動しなくていい
  • 無理に生きがいを見つけなくてもいい
  • いい人にならなくていい
  • 子どもにお金を残さなくていい
  • 見栄を張らなくていい

など

こんなことがかいてある和田秀樹氏の「80歳の壁」読んでみてはいかがでしようか?

なにか、そうだったのかと相づちを打つ事になりそうです。